有研半導体硅材料株式会社(以下「有研硅」といいます)

有研硅は2001年6月に設立され、登録資本金は約10億人民元です。 有研硅は、国立エンタープライズテクノロジーセンター、国家技術革新のデモンストレーション企業、集積回路の主要材料の国立工学研究センター(旧 国立半導体材料工程研究センター)など、多くの業界資格を持つハイテク企業です。 有研硅の前身はGrinm Group(旧北京非鉄金属研究院)の401号室です。1950年代にシリコン材料の研究を開始し、半世紀以上を経て豊富なシリコン材料のコア技術および生産経験を蓄積してきました。同時に、科学的および技術的革新と管理の人材を育成してきました。

現在、主にシリコンおよびその他の半導体材料、装置の研究、開発、製造および運用しており、関連する技術開発、技術移転、および技術コンサルティングサービスを提供しています。 山東省徳州市と北京市順義区に国内の一流半導体シリコン材料の生産拠点2つを持っています。主な製品には、集積回路エッチングプロセス用大口径シリコン単結晶および製品、集積回路用シリコン単結晶とシリコンウェーハ、FZシリコン単結晶とシリコンウェーハなどがあります。中国での6インチおよび8インチのシリコンウェーハの工業化を主導し、1​​2インチプロセスの技術を初めて開発し、中国の集積回路産業の発展に貢献しています。製品は、米国、日本、韓国、中国台湾などの地域に輸出されています。国内外の市場で高く評価と影響力があります。

2018年1月、外商合弁会社の100%子会社になりました。 同合弁会社の支配株主であるRS Technologiesは、世界最大の半導体再生ウェーハ製造会社であり、世界市場シェアの30%以上を占める、世界有数の半導体材料のサプライヤーです。 同合弁会社の重要株主であるGrinm Group(有研科技集団有限公司)は、1952年に設立され、中国の非鉄金属産業分野に強い研究開発およびハイテク産業育成機関であり、国有資産監督管理委員会が直接管理する中央企業です。

有研硅は革新、挑戦、誠実、卓越をコアバリューとし、社会に価値を創造し、従業員の夢を実現し、株主の皆様に利益を還元し、世界に通用する半導体企業としてのビジョンを実現するために絶え間ない努力を続けています。